大変、ご久しぶりの更新~。
12月はかなり忙しくて、ブログ更新全くできなかったけど、ゲームはしっかりやってました!というわけで、グラブル2019年最初の古戦場、闇古戦場の感想です~。

2019年闇古戦場の結果

正直、闇はかなり苦手意識のある属性だったりします。というのも、私の戦法は単純に闇ゾーイによるマグナ背水戦法だからです。
んで、毎回背水しすぎて、全滅、、、、という感じです。殴る前に殴られて全滅という、駄目パターン!

ですが、結果としては6万位以内入れるという、個人的には上々すぎる結果となりました!

ゼウスの結果。

またしても、金剛は出ませんでした。これでガチャれ!ということですね。

そしてSSレアは、ゴールドムーンへとなりましたとさ!

さらにずっと欲しくてたまらなかった、光エレメントの材料たち。

新たな十天最終の可能性!

以下は私が闇古戦場で行ったこと。ひとまず、来年の闇古戦場時は自分が忘れていると思うので、、、メモしときます。

今回の闇古戦場で行ったこと

①セレスト・マグナの最終上限解放
②セレストクロー・マグナの上限解放(LV150)
③アビス・スパイン の完成
④黒帝剣 最終上限解放
です!

①の上限解放は方陣効果が20%増しになるというシンプルに重要な効果、②はスキルLVとスタータスの底上げでさらに全体的に強くするという目的です。特に背水のスキルLVを上げることで、HP減少による火力上昇効果はかなり大事!LVが少ないとHPを下げまくらないと本当にダメージは出てくれないですしね。ステータスを上げることでHPを少しでも増やすことも大事です。
③神威の効果でHPが上昇、さらに奥義ダメージ、上限も上昇で、ある程度のHPを確保しつつ、背水を維持しやすくなり、とっても便利。奥義ダメージも上がるので、定期的に奥義でなかなかのダメージが出るようになってくれました。
④黒帝剣 LV200まで上がるので高ステータス。けど、本当に重要なのは、光属性ダメージ軽減。とにかく背水時の事故の確率を少しでも減らすために重要でした。

結果的に、アビススパインの神威とクローの上限解放で、背水でダメージを出せるラインが上昇して、以前より、多めのHP帯でもそれなりのダメージが出せるようになったのが本当に良かったです。ぎりぎりだと高いダメージが出せるのですが、その分事故率が上がっていたので、、、(汗)

個人的に必須だった武器、キャラ

また、今回の個人的役立ちは闇ゾーイもそうですが、、、、。

ベアトリクスとオリヴィエ、パラゾニウムですね!パラゾニウムは奥義効果で連撃を上げて、さらに3人とも剣が得意キャラなのでオメガ剣で連撃率を上げると、かなり安定して連撃+追撃でダメージを与えてくれます。
さらにベアトリクスは敵の攻撃力を下げるスキル持ちなので、この子のおかげで背水はさらに安定。回避の可能性あり、奥義で無敵を自身に付与とあれ、この子、想像以上に背水で粘るぞ、、、しかも逆境持ちとか常に高ダメージ連発だ!と一気に株が上がりました。

オリヴィエは安定して敵のトリガー封じのために使わせてもらいました。
特に今回のボスは反射持ちだったりしたので、ディスペルを積まないときはこれでちょっと時間を稼いでダメージを与えたり、、、とかしたり。また、サポアビで追撃もあったりと、とにかくダメージ、敵の妨害と大活躍です。とにかく、少しでも相手のトリガー、技を抑えてくれるキャラです。スロウ2回もいいダメージになりますしね!

ひとまず、まだ時間はありますが、あっという間に古戦場期間になりそうなので、すぐに光の準備に取り掛からねば、、、、!

スポンサーリンク