あんさんぶるスターズダークなナイトハロウィンの感想です。ひとまず1日イベントずつ読み進めていこうかなと思います。

okami

ダークナイトハロウィンのメインはUNDEADと凜月です。冒頭から体調不良のために凜月が眠っているように見えて実は意識を失っている所からスタート。同時に外部から一般の人も自由に入場できるハロウィンライブも近づいてきて、、、という感じです。

外部のお客さんも自由に出入りという事で今回はUNDEADの羽風もやる気満々です。もちろん女の子目当てです(笑)
。それでもしっかり練習をして全力のUNDEADが久々に出来るという事で零も大神も嬉しそうです。
ただし零も凜月の体調不良を聞いていて心配をしており、凜月と同じクラスの大神に協力してもらいます。

さてここで今回のある意味主役と言える凜月のお話です。ここまで体調が悪化したのは単純に日中に起きているためです。元々朝は寝ているのに凜月は無理に起きています。それは、みんなと同じ時間を過ごすためです。当たり前ですが、寝ていては人と関われません。凜月は学院で過ごす時間を楽しいと思っていて、可能な限り一緒に過ごしたいと思っています。意外と凜月は学校生活を楽しんでいたようで驚きですが、、、考えてみると、日中起きれないってことは、人と関われないってことなんですよね、、、、。

そしてここで重要なお話が凜月の兄の零です。
大神から過去の彼の話が聞けますが、零も日中は苦手ですが、昔は日中でもドンパチをしていて、だんだん弱って今の状態、、おじいちゃんみたいになっちゃったそうです。あれですね、過去の5奇人のエピソードの俺様な零さんの時期ってことですね。
家系の体質で日光や日中に弱く、無理をすればどんどん体が弱ってしまう、、、かつての零さんがどんななのか分かりませんが、体を壊してしまうってことなんでしょうね。少なくとも今現在は全力を出し切れないのかな?

そしてハロウィン当日、大神の協力もとい犠牲のおかげで凜月を説得して眠りにつかせることが出来ます。
ここでの零さんからの言葉が、、、、色々感慨深いものですね。また零さんがかつて学院で体を壊してまで、戦った理由を大神が言っていて、真実は分かりませんが、本当だとしたら、、、、ひとまず五奇人のエピソードを早く読みたくなってしまいますね!

最後の方では零と凜月の会話で、零が自分の事をっていうんですよ!また、その時の会話で凜月と零は過去に何かしらの出来事があり、それがしこりになっているようですが、凜月がお兄ちゃん呼びをすることから、内心では完全には嫌っていないのかなと、そして零は零で俺とわざわざ言い方を変えている所からすると、キャラを本当に作り変えてる可能性もあるのかな、、、と色々気になる展開です。
ちなみに個人的に一番ツボだったのは犬に囲まれて笑顔前回の大神君だったりします。なんだあの楽園!

スポンサーリンク