という訳で、購入前から気になってたキャラ、その1半蔵さんの感想に入ります。
リンク→公式サイト  /公式通販 

当初月下丸ルートに行こうとして、何を間違ったのか入ってしまった半蔵ルート。
百花百狼 半造
半蔵さん、この姿で33歳とのこと、、、、槐との年齢差16歳ぐらいと色々とんでもないですね!
そんな年上の半蔵さんとのルートは会話こそ少ないものの、槐を守り気遣う(分かりにくいですが)、忍びとして扱う半蔵に、師匠的なものを感じる槐、、、、!あれっ、、、、なんか別なルートに流れてる、、、。

一方で母のかがりを知る半蔵から、色々話を聞くことがあり、母かがりの自殺の真相も見え始めます。
まあ、そんな道中の最中、半蔵に修行に付き合ってもらったり、料理の手ほどきを受けたりと、忍びだけでなく、家事スキルも向上していくという、、、、月下丸、蝶次郎と違って安心感があるルートです。まあ、半蔵→師匠、槐→弟子というポジションで、甘い展開ねぇ!ですけどね。

甘い展開、、、、と言えば、、、同中で雨に降られ体を冷やさないよう、洞窟で肌で肌を温めあうという、お馴染みのシチュエーションがありますが、槐だけ意識して、半蔵さんノーリアクション
おおう、、、と思いきや、その後、ある人物に槐が連れてかれてしまい、焦ってお怒りの半蔵が見れたりと、おおっ!?です。

後半は追手が全ていなくなって安心と思いきや、三成のくそ発言の所為で里の仲間が敵に回って、、、。母かがりの死の真相もここに来て明らかに。
クライマックスでは半蔵も自分の気持ちに気づきますが、任務を優先するために、あえて考えないようにし、、そこに槐殺害の命令が来て、槐も忍びとして、そのこと受け入れ、、師弟対決へと、、、、、。

そんな、最強の忍びの半蔵ルートですが、長い分、デレる瞬間は色々破壊力満載です。ちゃんと赤面も用意されてるとは、、、!

関連記事    TOPに戻る / 乙女ゲーム記事
・ニル・アドミラリの天秤 特典が思っていた以上に豪華
・百花百狼 店舗特典CD感想1 ドラマCD編

スポンサーリンク