本当に、、、今更ですがクリアしたので感想、、、、。積みゲーがものすごい勢いで貯まって、ソーシャルゲームのガチャも外れて辛いです、、、。

シナリオに関して

攻略対象である5人ですが、豊臣暗殺以降は一部事件の真相がかぶっているものの、展開、結末が全員違っており、最後まで素直に楽しめます。
そして、ここで重要なのは、シナリオ重視です。当たり前ですが二人きり、、、だけどもガチで命が狙われた状況での逃避行ですので、基本シリアス。もちろん、途中途中息抜きはあったりしますが、ルートによっては容赦なくキャラが死ぬ展開もあるため、甘い展開、特にイチャイチャラブラブは期待しすぎないように、、、。

そう、ルートによってはキャラが容赦なく死ぬので、、、、おおう、、、ってなる。地味にきつい。完全無欠なハッピーエンドが良いっていう人、例えば私なんかはちょっともやっとしました。ただ、お話には引き込まれましたね。
そのシナリオはコンパクト。システム面でお話しますが選択肢までスキップはありません。が、スキップ機能で十分なレベル。物凄く長すぎず、短すぎずですが、物足りないかな、、、と思うかも。反面無駄が無い感じですね。

システム面に関して

選択肢までスキップや、クイックセーブ、ロードがないものの、シナリオのボリューム的にスキップ機能だけで十分な事。エンディングが各キャラ2種しかない事と選択肢が基本2つ(好感度が上がるか、変化しないか)なので実際の所無くても十分。
また、シナリオ回想機能もちゃんとあるので、なんだかんだ言って問題は無い感じです。
ちなみにスチルはこんな感じの数になります。
百花百狼 スチル

総合

命を狙われ逃避行というシリアスなので、イチャラブが少ないのは残念でしたが、殺伐とした雰囲気、被らないシナリオ、各キャラらしいお話とぐだぐだとしないで、お話を楽しめるのはグッド。
鈍感な主人公が少しずつ男性キャラに心を傾けていく点、男性キャラも主人公に少しずつ影響を受けていく点は満足です。けどイチャラブ欲しい。あともうちょいボリューム欲しかった、、、、。
絵は安定して綺麗なのでそこも個人的に満足。可能であればファンディスクでイチャラブを、、、補充したいところです。
ボリュームは少し少なめですが、しっかりとまとめられた良作かと思います。
関連記事
・百花百狼 月下丸ルート感想 主従関係からスタートする恋
百花百狼 店舗特典CD感想1 ドラマCD編
TOPに戻る
乙女ゲーム記事

スポンサーリンク