届きました、、、、、!夏空のモノローグ ドラマCD 科学部活動音声記録 〜未来へ続く、タイムカプセル〜

写真を見れば分かる通り特典のSSペーパーの付くステラワースさんで購入させていただきました。
夏空のモノローグ ドラマCD

さて、まず最初に、CD開けて、色々こみあげてきました。
さて写真だと分かりづらいと思いますので楽天さんから画像お借りします。

この涙を浮かべてるけど、笑顔の木野瀬君のジャケットイラスト。実はCDケースを開けると続きがあります。木野瀬君は誰に涙を流し、笑顔を浮かべてるのか、是非購入して見てください!

内容はいつも通りの沢野井部長の暴走から始まって、最後のループですけども全員が主人公の葵に恋愛感情を抱いてる展開です。けど、同時に最後のループである限り、彼らのその気持ちも消えてしまう、、、、そんな最後のループのお話です。
序盤はアオイロイドという、葵を基準にした感覚を搭載したぬいぐるみを使って、女子的にありな行動を採点しようというお話。
けど、ここで木野瀬君が綿森さんに思う事があったり、先生が葵の事をどう思ってるとか、カガハルと篠原の会話とか、、懐かしいと同時に、彼らが思ってることが色々分かりますが、、、、。

本当にね。最後のループ、そしてタイムカプセルに音声を残すことに決めた彼らの、言葉が、、、、。
永遠に続く、優しいループの終わり。そして来る未来に彼らが何を思っているのか?思っていたのか?
ここは、この作品が好きな人はぜひ買って聴いてほしい。本当に買ってほしいなと思います。
篠原、浅浪顧問、そして弟の翔君。未来は明るいものばかりでない、むしろ苦しい事の方が多いかもしれない、ううん、確定している彼らの未来に彼らは何を思うのか?

そんな恋愛要素もあり、切ない要素もあり、コメディー要素もありと、うん、夏空のモノローグだ!という素敵なドラマCDでした。是非ともファンの方は購入をお勧めします。→夏空のモノローグ ドラマCD 科学部活動音声記録 〜未来へ続く、タイムカプセル〜
ちなみに特典SSは7ページ弱のペーパーでメタ的な内容のドラマCDの宣伝的なコメディ内容です。
一先ず、ループが終わった後のお話は描かれておらず、もう一つの最後のループの時、未来に何を思うのかというお話でしたー。

スポンサーリンク